カスタマイズを楽しむ~イラストや写真の活用~ | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

カスタマイズを楽しむ手帳づくり

便利に、機能的にしていくだけがカスタマイズではありません。
デザインを自分好みにしていけることが、手帳づくりの醍醐味のひとつでもあります。

カレンダー・スケジュール欄

無地のリフィルや手帳に手を加えて、オリジナルの手帳を作ることがブームになりつつあります。
イラストが得意なら、好きな場所にちょうどいい大きさでデザインができます。
絵は得意でなくても、流行のマスキングテープやシールなどで飾るのもおしゃれです。
スタンプでワンポイントを作ったり、たくさん押して華やかにするのも自由です。
市販の手帳は少しビジネスライク、淡泊、と感じたら是非オリジナルのページを作ってみてはいかがでしょうか。

メモ・ダイアリー

イラストの他にも、出先でもらったパンフレットやチケットの半券などを貼ると、振り返ったときに記憶がより鮮明になります。
もらったクーポンをマスキングテープで貼り付けておけば、紛失したり、持ち歩いていなくて使えなかった、ということも防げて便利です。
プリントした写真やもらった写真も全てしまい込まずにお気に入りを貼っておけば、共通の友人に会った時に見せられて、楽しいひと時となるでしょう。
日記とアルバムを兼用にすれば、記憶としてもより鮮明に、記録としてもより美しく残していけます。

手帳やノートの表紙・カバーリング

お気に入りの絵はがきや写真、ステッカーなどはしまい込まずに見えるところに置いておきたいと思いませんか。
好きなブランドのペーパーバッグは、見るだけで気分が上がりませんか。
お気に入りのものを使って手帳やノートの表紙を飾り、ノートカバーをすればオリジナルのカバーリングが可能です。
世界に一つだけ、の特別感が気持ちをより豊かにしてくれます。

関連記事

  1. 手帳をギフトに 忙しい学生さんへ

  2. システム手帳ELENOA編集部がオススメする付箋の活用術

  3. リフィルの使い分け~罫線のみタイプの特徴~

  4. 手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする

  5. 学生にこそ大切な手帳活用

  6. 読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA