充実した1週間を送る、予定作りのコツ | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

充実した1週間を送る、予定作りのコツ

せっかくの休日をなんとなく過ごしてしまい、疲れを引きずったまま仕事をしてしまった、という経験はありませんか。
スケジューリングをしっかり行なうことで、仕事も余暇も充実したものになります。

先に趣味や遊びの計画を立てる

やりたいことをやったり、行きたい所へ行く時間を先に確保するつもりで予定してみましょう。
例えば、年度初めに夏休みの計画(レジャーや旅行など)を立てて、実行できるようすぐに行動します。
会社員であれば事前の有給休暇は取りやすく、自営の方でも取引先やお客様に先に伝えておくことができますね。
計画性があることで周りへの信頼にもなり、協力を仰げる部分も出てくるでしょう。
また、公共交通機関は早期のチケット予約に割引があるところが多いので、費用の面でもメリットが高いです。

休日の予定は誰も作ってくれない

仕事の日の予定は、自分が能動的にならなくても必然的に埋まっていきます。
ところが休日は、自分で行動を決めなければいけない日、自分次第なケースの方が多いはずです。
家族や友人の予定と合わせることもあるでしょうし、プライベートでもタスク的にやらなくてはいけないこともあるでしょう。
上手にスケジュールを調整して、趣味や遊びでリフレッシュする時間を積極的に取っていくことをおすすめします。

予定があると効率が上がる

予定を作っても計画倒れになっては意味が無いので、実行できるように行動していかないといけません。
休日を心置きなく満喫するためには、キリのいいところまで仕事をまとめ上げる必要があります。
それがモチベーションとなって集中力を上げ、効率や生産性が上がる仕事の仕方に繋がるでしょう。
空いた時間、空けた時間を自分の為に使うことによって、休日明けもよりよい気持ちで仕事に向かうことが期待できることも、休日に予定を入れることのメリットです。

関連記事

  1. 【スケジュール管理編】スマートな仕事ぶりを叶える ビジネス手帳術

  2. アナログライフ-心身を整え、思考を深める-

  3. 1週間が1ヶ月をつくり、1ヶ月が1年を作る

  4. 周りと差をつけるPDCA実践

  5. 手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする

  6. 家族をまとめる予定管理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA