手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする

問題を解決するためや、事業を盛り上げるために、様々なアイデアを求められる機会が多いビジネスマン。
ミーティングなどで相談したいと思っても、他人の時間は自由にならないものです。
まずは自分ひとりでも、思考を深められるような工夫をしていきましょう。

チャンスを逃さない

情報の集約場所として手帳をおすすめしていますが、やはり速攻性が高いのがポイントです。
写真やキャプチャを撮れるものであればスマホは便利ですが、ヒアリングした情報などはそうはいきません。
これは!と思った物事はすぐにメモしておきます。
どんなに刺激的な出来事でも、時間が経つとインパクトは薄れて忘れてしまうこともあるので、自分の記憶力を過信せずにしっかり記録しておきましょう。
直接的な解決策や答えだけでなく、何か役立ちそうと感じたことに自分の意見を添えておくだけで情報の価値もぐっと上がります。

手書き

情報や思い付きを手書きすることで、その内容が脳へ定着しやすくなります。
頭脳が活性化していると、物事をまた違った側面で見られるようになるでしょう。
その後の情報収集の手助けにもなりますね。
また、考えを視覚化することはアイデアを生み出す際には重要なポイントです。
落書きのように紙へぶつけていくことで、他人とも情報を共有することができます。

考えを練る

手帳やノートへアウトプットすることが、頭を整理するひとつの方法です。
さらに、過去の書き込みや考えを振り返ることもできれば、今の課題にも役立てられるかもしれません。
一般的にアイデア創造とは、今までにない組み合わせをつくりだすことと言われています。
固定概念や枠を外して物事を見るためにも、脳を活性化し、視野を広げていく手帳の活用を取り入れていきたいですね。

関連記事

  1. 手書きの良さを見直す

  2. 書類やカードの整理に活用~手帳術~

  3. 字は人を表す~手書きの味や特徴~

  4. 1週間が1ヶ月をつくり、1ヶ月が1年を作る

  5. 手帳を楽しむ~シールやマスキングテープを使う~

  6. プライベートタイム 時間と質の向上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA