フリーノートで自分をフリーに! | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

フリーノートで自分をフリーに!

手帳ではスケジュール管理をしたり、仕事に必要なメモやツールを入れて活用している方も多いかと思います。
必要なものの他にも、様々なことに有効なフリースペースとしてのノートについてお話ししていきます。

思考に至る前の頭の整理

やらなきゃいけないこと、やりたいことが思いついたときにさっと書き留めておいたり、アイデアが浮かんだ時にメモをしたり。
頭の中に何かが浮かんだとき、それについて深く思考できないのは他に何か着手していたり作業していたりするからではないでしょうか。
一旦その考えを置いておくことが出来れば、今やっている目の前のことに集中できますし、せっかく浮かんだ考えを見失うこともありません。
その置いておく先がフリーノート。
文章としてしっかり残さなくても、箇条書きや単語の羅列などのキーワードさえ残しておけば、ノートを開いた時に「あのとき自分が考えていたこと」をすぐに思い出すことができます。
ふっと考えついた「いいな」と感じたことが、後々冷静になって考えるとやっぱりだめだな、ということもあるのでホットになり過ぎたときに考え直す場所としても良いですね。

ストレス解消

もやもやする気持ちやイライラ、怒りなどのマイナスな感情やストレスを、遠慮なく吐き出せる場所がフリーノート。
誰に公開するでも見られるでもないので、思ったままに書いてみましょう。
文字や文章にしてみることで、自分が何に対して悩んでいたのか、怒っていたのかがはっきりし、気持ちがすっきりしていきます。
そもそも大したことではなかった、という気付きができて穏やかになれることも。
家族や友人に愚痴を言うのも一つの手ですが、いつでもどこでもできるわけではないですし、家族にも話しづらいことだってあります。
自分の想いを吐露することができなくて苦しいのであれば、是非ノートに書きだしてみてください。

書くということが大切

日々ノートに書いていくとなると日記も近いものですが、日記はその日の出来事の記録がメインとなり、何となく毎日書かないといけないかなと思ったり、キレイに書いていってしまいます。
一方フリーノートは内容も時間もスペースも、何にもとらわれずに活用していけるノートと捉えてください。
「書く」という行為自体が重要で、一旦いろいろな物事から自分を解放し、意識をそらせて客観視する手助けとなります。
それによって頭も心も、すっきりしていくはずです!

関連記事

  1. 字は人を表す~手書きの味や特徴~

  2. ビジネスにおけるポイント、タスク整理

  3. 【スケジュール管理編】スマートな仕事ぶりを叶える ビジネス手帳術

  4. 評価につなげる手帳術

  5. 人生の記録を活用しよう~ライフログ~

  6. 記録の蓄積~ダイエット~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA