手書きの良さを見直す | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

手書きの良さを見直す

ネットやSNSの発展で、文字を書く機会が少なくなっている方も多いのではないでしょうか。
同時に手書きにはさまざまなメリットがあることも、研究などによって明らかにされてきています。
今回は手書きの良さを「自由度の高さ」という側面に沿って考え直していきたいと思います。

最もメジャーな手書き動作「メモ」

家庭やオフィスで活躍するメモ書き。
定番のメモ用紙をはじめ付箋や、裏紙を活用することもでき、思い立った時に備忘として書きつけておくと有効です。
専用のメモを用意せず、手帳や普段持ち歩くノートに集約するのもいいですし、用件ごとに付箋の色を分けるなど、自分なりの工夫が活かせるのが手書きのストロングポイント。
メモ用紙の代わりにホワイトボードを用意しておけば、済んだ用件から消し、再度書くことができるのでエコでもあります。
最近では手書きでメモが残せるスマホアプリやタブレットが出ており、改めて手書きの良さが見直されているのではと感じます。

文字を書くということ

当然のことですが手書きで文字を書くときには、文字の大きさ・強弱・色など、思い通りに書くことができます。
カードなどの限られたスペースにワープロ印刷しようとして、余白や文字の大きさの調整に四苦八苦する経験がある方もいるはず。
手書きなら、文字と余白が自在に調整ができることでスペース配分の融通が利くので、キレイに美しく仕上がります。
また、自分自身の中でも丁寧な文字,走り書き等、シーンに合わせて無意識に使い分けていると思います。
パソコンやスマホのワープロには到底できない機能ですね。

手紙・はがき

帰宅したら、テーブルに「食事は冷蔵庫に入っているから温めて食べてね」という書き置き。
LINEで伝えてもらうよりも、なんだか嬉しい気持ちになりませんか。
年賀状や暑中見舞い、お祝いや送別の手紙など、文字を通して相手に確実に思いが伝わります。
丁寧に書いたこと、時間をかけて書いたことが伝わり、受け取った相手にとってはそれが喜びとなります。
長い文章やメッセージでなくても、日頃から手書きの文字でコミュニケーションをとることが、良い人間関係を築けるひとつのポイントかもしれません。

関連記事

  1. 読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ

  2. 【ビジネス】スケジュール管理方法

  3. 趣味ノートを作ってみる

  4. プライベートだからこそ やりたいことをやり切ろう!

  5. システム手帳でいろいろなものを持ち歩く

  6. 手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA