アナログライフ-心身を整え、思考を深める- | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

アナログライフ-心身を整え、思考を深める-

文字を手書きする、という行動には、精神を落ち着かせリラックスさせる効果があるそうです。
その効果に加えて、ライフログや日記をつけることが、自分の心身のバランスをとるのにとても良い方法としておすすめしたいと思います。

まずは目標設定

達成したいことやなりたい姿が、漠然としていないでしょうか。
人に説明するように、言葉や文章にするのは意外と難しいと感じているのなら、それは目標が漠然としているからです。
だからこそ書き出し、可視化することによって、自分が今何をやるべきか・どうするべきかをあぶりだすことが必要となってきます。
そのなかでも、自分のモチベーションを持続しメンタル強化につながるカギになるのが「達成感を感じる」こと。
簡単に達成できるものではなく、少し努力が必要なこと、ギリギリで達成できる適当な目標を立てることで、自分に自信をつけることに繋がります。
具体的にどんな作業をしていくのか明確にし、良いPCDAサイクルをスタートさせましょう。

日々の記録

自分の体調を整えるというと、フィジカル面において健康であったり問題が無い状態を想像することが多いかと思います。
一方で、精神面・メンタル面も元気であることが非常に重要であり、メンタルの状態がパフォーマンスに影響を与えることは言うまでもありません。
長時間勤務やストレスによって、メンタルが元気な状態に保てないことが問題となってきます。
そこで、自分の中でメンタルの調子がいい、あるいは悪くなるパターンを見つけ出すことが一つのポイントです。
食事の内容や勤務時間等、何がどんな影響を自分に与えているかを発見していきましょう。
ライフログで具体的な生活内容を記録、日記では精神状態の変化を記録していけます。
日常の些細な変化を見逃さずに、自己分析をすすめていくと良いです。

目指す場所、姿へ

頭が冴えない、悩み事がある、二日酔いや胃もたれである等どこか調子が悪いと生活や仕事に支障をきたしてしまいます。
不調の原因が分かれば、自分の努力やちょっと気を付けるだけで改善できることはあるはずです。
記録した自分のデータから分析できることもあれば、記録する習慣そのものが悪習慣を改善する効果も狙えます。
心身が整った状態で臨めば、パフォーマンスの向上を狙えるはず。
いつも整っていることは難しいかもしれませんが、自分の状態を客観的に把握することで、目標設定も自分なりにシフトしやすくなります。
例えば、メンタルがちょっと落ちている時は目標設定のハードルをやや下げ、達成感を感じることでメンタルのバランスをとる、逆に調子を上げるという対処ができます。日々の生活により充実感をもつためにも、1日1日を大切に過ごしていきましょう。

日々仕事やタスクに追われて、自分の体調管理をないがしろにすることもあるでしょう。
ですが自分の調子を整えることが、仕事や目標達成のために一番必要なことかもしれません。
スマホやパソコンを離れ、ペンを持って紙に向かうことで、心身を整えていきませんか。

関連記事

  1. アイデアノートを作る~思考に集中する~

  2. 課題に向けて計画を進めること~行動のコントロール~

  3. フリーノートで自分をフリーに!

  4. 学生にこそ大切な手帳活用

  5. スマートな仕事ぶりを叶える【ビジネス手帳術】

  6. より手帳を使いやすく 手帳用定規

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA