ビジネスにおけるポイント、タスク整理 | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

ビジネスにおけるポイント、タスク整理

仕事をするうえで重要な、計画や段取り
ひとつのプロジェクトに集中出来ればいいですが、後から追加の依頼や用件が増えることもありがちです。
そこで、タスク整理が必要になってきます。
例えば、タンスの中身がぐちゃぐちゃだと、着たい服を探すのに時間がかかるうえ、服もしわだらけで良いことはないですよね。
引き出しの中身を整え、キレイにしておくということが頭の中の引き出しにおいても、とても重要です。

頭の中だけでは整理できない

あれをやって、これをやって…と頭の中だけでタスクを並べていると、物事の本質を見失ったり、やるべきことを失念してしまったりと、脆い計画となってしまいます。
「やらなければいけない」という意識に囚われ、実は大したことのない作業に対して「面倒だな」「後でもいいかな」というネガティブな気持ちを生み出しかねず、メリットがありません。
できるだけシンプルにやるべきことを書き出し、ToDoリスト化することで、タスクを目に見える形で整理していきましょう。
頭の中を常にクリアな状態に保つことができ、仕事に集中できる時間をきちんと作り出すことができます。

スケジュールとの連動

ToDoリストをつくることが目的ではなく、やりたいことや目標を達成することが目的です。
そのためには、いつやるのか、いつまでに終わらせる必要があるのかという時間軸と連動させる必要があります。
手帳はマンスリー,ウィークリー,デイリーと、まさにToDoリストを落とし込みやすいフォーマットとなっています。
思考と同じく、時間も目に見えません。
ですがスケジュール帳にメモしていくだけで、時間さえも可視化することができますね。
やるべきことを具体的にすることで、効率よく仕事を進めていくことができます。

情報量の違い

タスクとスケジュールを併せて把握でき、メモスペースを利用して会議の内容を書き込んだり、思考整理をサポートするのがノートや手帳です。
未確定の要素は付箋に書き込んで貼り付けたり、重要な箇所には色付けするなど、自由度が高いのもストロングポイント。
書き込んでいるうちに、新しい方法や効率の良い順序などを思いつくことにつながりますし、ToDoリストが整理されていれば、スキマ時間が生まれたときや出先のついでなどでこなすこともできるので、非常に効率的です。
頭の中だけでは、記憶やアイデア、発想に限界があります。
考えているだけでなく書き出すこと、さらにデジタルよりアナログの方が情報量が多く扱うことができます。

書き出す=アウトプットすること自体が、頭の整理になり記憶の定着を助けます。
万が一頭の中の引き出しに見つからなくても、手帳を開けば見つかるようにしておくのがコツ。
人間は忘れていく生き物ですから、入ってきた情報や頭に浮かんだことをすぐにメモする癖をつけていきましょう。

関連記事

  1. 考えや物事を整理する~視覚化~

  2. みんなが満足する~イベントの企画~

  3. 読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ

  4. 手帳に欠かせないパートナー 筆記用具

  5. 【スケジュール管理編】スマートな仕事ぶりを叶える ビジネス手帳術

  6. 記録の蓄積~ダイエット~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA