書類やカードの整理に活用~手帳術~ | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

書類やカードの整理に活用~手帳術~

手帳には、ノートとしての機能だけでなく、格納したり整理したりする機能もあります。
普段手帳を持ち歩いているなら、スケジュール管理だけでなく、書類整理にも活用してみませんか。

すぐに処理する書類の整理に

振込用紙や案内はがきなど、直前になって探したり回ったり、持ってきたはずなのに出先でカバンをひっくり返したりした経験のある方もいるのではないでしょうか。手にしてからすぐ使う書類や、提出するものなどを手帳の裏表紙ポケットに忍ばせておくと便利です。

紛失防止はもちろんのこと、破けたりくしゃくしゃになったりすることもなく、スマートに取り出すことができます。

すぐに処理してすぐに終わらせてしまったほうがよいものほど、後回しにしてしまいがちです。
そういった書類やはがきなどは普段持ち歩く手帳に収納しておくことで、素早く処理できます。
手帳の収納スペースには限りがありますので、いつまでも溜めてしまうと新しい書類などを入れることが出来ないため、自然と処理しなければいけないという行動に移すことが出来るためです。

登場回数の少ないカード

常用しないカードや診察券など、日常での使用頻度が少ないカード類は自宅に置いておき、使う時だけ出すケースが多いですね。

財布にはいつも持ち歩くものでいっぱい、入るスペースもない!というときにも、手帳が活躍します。市販の手のひらサイズの小さな手帳でも、表紙裏にカードポケットが付いているものがたくさんあります。

バインダー式ではクリアポケットのリフィルもあるので、格納量を増やしたり、細かいものも整理しやすいです。
頻繁には使わないけど、いざ使いたいという時に自宅で保管していて持っていなかった、というポイントカードや診察券などはありませんか?
そういった機会を逃さないよう、手帳に入れておくと財布が膨らむこともなくスマートに収納できます。

自分の気持ちを上げるもの

お気に入りのショップカードや絵はがき、映画や美術館チケットの半券など、自分が目にして気分の上がるものを入れておくと毎回手帳を開いた時の楽しみができますね。

おすすめはおみくじを入れておくこと。

年始に引いたおみくじは、1年間財布や手帳にしまっておき、時々おみくじの内容を読み返すのがいいそうです。
思い立ったときに見返すと、引いた時とは違う、身の引き締まりを感じるでしょう。

手帳はスケジュール管理機能だけでなく、様々な活用をすることで、幅が広がっていきます。
ライフスタイルに寄り添った手帳づくりで、日々の生活を楽しんでいきましょう!

関連記事

  1. 記録の蓄積~ダイエット~

  2. 趣味ノートを作ってみる

  3. 人生の記録を活用しよう~ライフログ~

  4. リフィルの使い分け~罫線のみタイプの特徴~

  5. 読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ

  6. 字は人を表す~手書きの味や特徴~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA