読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

読書をよりアクティブに 読書ノートのすすめ

一口に本と言っても色々なジャンルがありますが、読み物として楽しんだり、何らかの参考にすることが多いのではないでしょうか。
一方で、一度読んだだけでは作品や内容が記憶に残りにくいのも事実です。そこで、読んだ本を記録していく読書ノートをつけてみてはいかがでしょうか。

感性を大切にする

本の基本情報の他に、文中のキーワード、気になった言葉を拾ってメモしていきます。

何が大事かを考えるのも良いですが、まずは心に響いた言葉気に入ったフレーズを書き留めていってみましょう。
読み終えての感想や意見も残しておきます。読んだその時の自分の感覚、気持ちを記録していくイメージです。

ポイントとしては形式にとらわれず、とにかく自分が感じたことを率直に書き残すことが重要です。あるいは、心に響いた言葉やキーワード、フレーズだけでも構いません。せっかく読んだ本の内容を覚えようと思うのではなく、その本の中でも何が自分にとって重要だったのか、どの部分が一番刺さったのか、この辺りを思い起こしたり改めて読み直したりしながら読書ノートを作っていくと良いでしょう。

自分でハードルを上げるのではなく、あえてハードルを下げ、とにかく自分にとって刺さったことだけを書き留めておくだけで十分な効果があります。

知識や意識の定着

読書ノートは、後から読み返すことがポイントです。
ノートに書き留めること自体がアウトプットとなり、知識や思考の定着を促すものですが、読み返すことでさらに強化されていきます。さらに、読んだ当時には気付かなかった、新たな発見をすることもできます。

自己啓発本や指南書の場合は特に、読みっぱなしではなく身にしていきたいものです。そういった場合にも読書ノートを付けておくことで後から更に付け加えたり、最初に読んだ当時と後から読んだ時とで自分自身に変化が起きており、そういった変化を感じるきっかけにもなります。

自分が欲しい知識

読書ノートが蓄積されてくると、今自分がどんなテーマを欲しているのか、どんな知識が必要なのかを客観的に見ることが出来ます。

この後どんな本が読みたいのか、次の読書に繋がるひとつの指標になるのです。やみくもに本を探すよりも、より目的や意識が明確となり、効率的で質の良い読書をしていけます。

特に小説など文章を味わう目的などであれば、同じ本を何度も読み返すこともあるでしょう。

読書ノートがあると、効率的に一度読んだ本の記憶や知識を引き出すことが出来ます。また、記録がたまっていく楽しさも生まれます。読書がよりアクティブになる、おすすめの方法です。

関連記事

  1. 非日常を味わう・旅行手帳

  2. 書類やカードの整理に活用~手帳術~

  3. システム手帳でいろいろなものを持ち歩く

  4. より手帳を使いやすく 手帳用定規

  5. 記録の蓄積~家計簿・おこづかい帳

  6. 手帳をギフトに 忙しい学生さんへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA