【ビジネス】スケジュール管理方法 | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

【ビジネス】スケジュール管理方法

業務内容や自身が置かれている立場、
時期によってスケジュール調整が必要になっていきます。

デキる人と評されている人や良いパフォーマンスが発揮できている人は、
計画力実行力が伴っている傾向にあります。

自己管理・行動管理は、ビジネスのうえでの基礎となります。

何を軸に動くのか

プロジェクトや利益目標などの「達成したいこと」から、
業務やタスクなどの「やらなければいけないこと」をピックアップしていく。

さらにそこから、1ヶ月,一週間,一日単位の時間軸に落とし込んでいくことで
仕事の計画を立てることが多いのではないでしょうか。

業務の優先順位をつけ、日程と上手く組み合わせながら
自らのタイムマネジメントをしっかり行なっていきましょう。

期限があるタスクの取り組み方

期日の決まっているタスクは、比較的優先順位がつけやすいでしょう。
反面、きちんと計画立てずに取り組んだり、
計画の振り返りをせずにやっつけ仕事になってしまうことも多いです。

他の仕事が割り込んできたり、トラブルが発生したとき、
タスク管理・計画がきちんとできていれば修正や見直しも簡単で、うまく軌道修正もできます。

「期日をしっかりと守る」という強い意思が重要になってくるビジネスでは、
スケジュール管理がコツであり、手帳や業務管理ツールが良いサポーターとなります。

期限のないタスクの取り組み方

きっちり期日が決まっていないタスクや、
資格の取得、外国語の習得など個人のレベルアップをはかる目標などは
自分自身でしっかり計画立てることがより重要となっていきます。

時間軸にいかに組み込むのか、どのくらいのボリュームで組み込むかなど、
無理なく着実に進められる計画を立てましょう。

ずれ込んでしまった時でも焦らずに、
途中で頓挫させたり諦めたりすることのないような計画性が大切です。

必ずやることをこなす中で、スキマ時間を生み出し・有効活用するために、
進捗記録や成果の記録がポイントとなります。

ゴールイメージを作り出す

どんな仕事、タスク、目標にも共通して大切なのが「ゴールイメージ」です。

どのようなゴール、結果を目指して日々の業務や作業、勉強を進めていくのか、
指標となるものをはっきり立てましょう。

計画性のなさやモチベーションの低下も、
結局はゴールイメージが不鮮明なことから起きるケースも多いです。

特に自分一人ではなく、チームや組織で取り組む場合には、
ゴールイメージの共有が必須となります。

「段取り八分・仕事二分」と言うように、
仕事を進めるうえでの計画・事前準備が重要であることは
多くの人が知るところだと思います。

ですが、実行できている人はどれくらいいるでしょうか。

やはり、計画・事前準備にはエネルギーを使うところです。

昨今ではスケジュール管理アプリやビジネス向け手帳など、
あらゆる種類の便利なツールが存在しています。

自分に合うものをチョイスし活用することで、目標達成への近道になるでしょう!

関連記事

  1. 充実した1週間を送る、予定作りのコツ

  2. 手帳に欠かせないパートナー 筆記用具

  3. ミニマリストを目指す手帳の使い方

  4. 課題に向けて計画を進めること~行動のコントロール~

  5. 字は人を表す~手書きの味や特徴~

  6. プライベートだからこそ やりたいことをやり切ろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA