手帳に欠かせないパートナー 筆記用具 | 次世代型システム手帳ELENOA(エレノア)公式サイト

手帳に欠かせないパートナー 筆記用具

手帳と切っても切り離せない、筆記用具

様々な用途や目的、機能によって、
使い勝手の良いものをチョイスしていきましょう。

なかでもユーザーが非常に多いボールペンは、
アイテムの種類も多く、どれを使おうか迷うのも楽しみのひとつです。

ノック式とキャップ式

ノック式は言わずもがな、片手で芯の出し入れができるのがストロングポイントです。

一方キャップ式は、キャップを外すひと手間があり、
手が塞がったり失くしてしまうリスクも。

その代わり、ノック式には密封性がないので、
常にペン先が空気にさらされている状態です。

ペン先を引っ込め忘れて、カバンの内側にインクがついてしまった、なんてこともありますね。

キャップ式なら、万が一インクが漏れても広がることがないので安心です。

芯の太さ

ボールペンに対するこだわりの見える部分のひとつが、芯の太さ。

一般に販売されているボールペンでは0.3~0.7mmが多いですね。

小さな文字を書くには細い芯、大きな文字や目立つ文字を書くには太い芯がおすすめです。

方眼に埋めるように書くには細い芯、
フリーノートに自由に書くには太い芯など、
目的別にチョイスするのもいいでしょう。

筆圧などによって、同じシリーズのボールペンでも書き心地が変わってきます。

インクの色や特徴

最もポピュラーな黒インクと、それ以外の色インク、どのように使っていますか。

リフィルの罫や文字が黒で印刷されているものが多いので、
色ボールペンで書き込むことで同化せず、見やすくなります。

好きな色や、ページの色と相性のいい色、
目的や内容によって色分けするのも良いですね。

また、昨今では「消す」ことが出来る
フリクションボールペンも主流になってきています。

デザイン

手帳カバーの色やデザインとコーディネートするように、
ボールペンをデザインで選ぶのもおしゃれ。

高級感のある素材、ポップなデザイン、好きなキャラクターのもの…etc.

毎日持ち歩くものだからこそ、見た目にこだわるのもひとつのポイントです。

ボールペンの特徴はなんと言っても速攻性

素早く手軽に書き留めるのに向いています。

また、コスパの良いアイテムもたくさん出ています。

ストレスなく、気分が上がるようなお気に入りを探したいですね!

関連記事

  1. アイデアノートを作る~思考に集中する~

  2. 【ビジネス】スケジュール管理方法

  3. 手帳の活用が「アイデア創造」をサポートする

  4. 1週間が1ヶ月をつくり、1ヶ月が1年を作る

  5. フリーノートで自分をフリーに!

  6. 人生の記録を活用しよう~ライフログ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA